各種試験のご案内
 
何故試験が必要なのか?
 
菌にも様々な種類があります。
それぞれの菌に対抗するには、まずどういう菌なのかを確定し、知る必要があります。
菌の力を特定する菌の数を割り出し、その力を算定します。
対策を立てる各試験の結果から割り出された菌とその力に対して、どう対抗するかの方法を決めます。
(防カビ剤・応用商品の能力テストなど)

このように、菌に対抗する上で試験は非常に重要な要素なのです。
病院や食品工場、ご自宅からビル・マンション、公共施設などまで、様々な所に菌は存在します。
少しでも『カビ臭い?』などの異変を感じたら、まずは菌のチェックをお勧めします。

検査したい対象は@液状の物、A木片、Bクロス(壁紙)に発生した物、C土、D腐った金属、など様々ですが、基本的にはそれらを含むピースや塊、あるいは対象から摂取したフードスタンプ(寒天培地)などを送ってくだされば培養分析は可能です。
詳細はご相談ください。

【各種試験のご案内文書はここから】

真菌(カビ)同定試験

対象検体に存在する菌を培養及び検出し、菌名を確定します。
又、検出した菌の所見を添付します。

試験報告書提出までに要する日数は、検体が当社に到着後約14日となります。

≪試験価格≫

1検体につき25,000円(消費税別)です。
追加で1検体増える毎に6,000円(消費税別)追加になります。

真菌(カビ)菌数測定試験

対象検体から検出した菌名を特定(同定)した後、培養法にて生菌数を測定します。

試験報告書提出までに要する日数は、検体が当社に到着後約21日となります。

≪試験価格≫

1検体につき40,000円(消費税別)です。
追加で1検体増える毎に10,000円(消費税別)追加になります。




真菌(カビ)抵抗性試験(インナーミル法)

供試されたテストピースに、JIS-Z2911に準拠して13試験菌の中から5菌を選んで作成した混合胞子懸濁液を上から撒きかけて、検体の菌に対する抵抗力を4週間に亘って試験します。

試験報告書提出までに要する日数は検体が当社に到着後、約35日となります。

≪試験価格≫

1検体につき20,000円(消費税別)です。
追加で1検体増える毎に6,000円(消費税別)追加になります。

パッキン(PVC混入成型品)

左/インナーミル 0.15%混入品
中/インナーミル 025%混入品
右/ブランク(現行品)


カビ抵抗性試験 基本試験条件

テストピースは、3cm×3cmのものを使用します。
テストピースは1検体で、1シャーレ試験となります。
テストピースの厚みは5mm以内です。

※各試験とも、試験依頼をされる際に、納期をご確認下さい。
  以上、各試験とも試験報告書は、3部提出いたします。


 


ご都合によりFAXでのご注文をご希望の場合は
指定のご注文用紙をプリントして頂き、指定事項をご記入の上 044-888-4146 までFAXして下さい。


 
折り返し、受注確認と送金先、検体の送付先、検査の詳しいご希望などをお尋ねするご案内メールを差し上げます。
当社ではご入金確認後に検査を開始するシステムを採用させて頂いておりますので予めご了承下さい。


【インナーミルTOPに戻る】


Copyright from 2002 Ecology Communications Co., Ltd. All Rights Reserved.
当社WEBに掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。