Logomark  エコロジー商品・エコロジー関連商社 株式会社コロジーミュニケーションズ

 

地球温暖化という人類の生存に関わる脅威に対して、世界が立ち向かおうとしています。
2005年2月16日には「京都議定書」が発効し、日本は2008年から2012年の間にCO2などの温室効果ガス排出量を1990年にくらべて6%削減することが義務づけられ、様々な対策を進めてきました。

このような中、2009年9月、鳩山内閣総理大臣がニューヨークの国連気候変動サミットにおいて、我が国の目標として、温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減することを表明されました。

政府では、地球と日本の環境を守り未来の子どもたちに引き継いでいくため、「チャレンジ25」と名付け、あらゆる政策を総動員して地球温暖化防止の対策を推進することとしており、そのための温暖化防止のための国民的運動を、「チャレンジ25キャンペーン」として2010年1月14日より、新たに展開することとしました。

「チャレンジ25キャンペーン」は、これまでの地球温暖化防止のための国民運動「チーム・マイナス6%」から、よりCO2削減に向けた運動へと生まれ変わり展開するものであり、オフィスや家庭などにおいて実践できるCO2削減に向けた具体的な行動を「6つのチャレンジ」として提案し、その行動の実践を広く国民の皆様によびかけて参ります。


  (チャレンジ25キャンペーンHPより転載)
 
当社は次のような提案活動で、CO2削減・地球温暖化防止を目指しています。
温度調節で減らそう!
JAXAの技術、塗る断熱材「機能性環境改善塗料」の活用で大幅な省エネを提案しています。
 
 
断熱材の常識を覆す、塗る断熱材ガイナ。
JAXAの技術を暮らしの中で活用出来るようにしたのがガイナです。
機能性環境改善塗材であるガイナは、断熱性の高い特殊セラミックを塗料化したシスタコートから更に一歩前進しています。
宇宙の技術を暮らしの中へ。
ガイナは一般の塗料のように塗装するだけで暑さ、寒さ、騒音から守ります。
同時に、空気質を改善、遠赤外線を放射、光熱費を節約します。 
 
野地板にガイナ塗布のルーフィングを貼り付けると、屋根からの熱の侵入を防ぎガイナ塗装と同じ効果が期待出来ます。
夏の屋根は太陽の直射日光を受け60℃を越す熱さとなり、その熱は野地板から天井へと侵入し部屋は暑くなります。
ガイナ塗布ルーフィングは受けた屋根からの熱を効果的に反射し部屋への熱の侵入を防ぎます。
 
結露防止塗料の活用で、壁や押入れ、洗面所の結露を防止し快適な住環境の維持と空調の効率化を提案しています。
 
 
シスタノン結露は
防水性、各種素材との密着性、耐水性
が優れています。
吸水性、水分発散性に優れています。
強靭且つ屈強性に優れた塗膜を形成します。

不燃性で、塗装が容易
です
特殊水性アクリル樹脂とセラミック系骨材とのハイブリットにより、優れた結露防止性を発揮する結露防止塗料です。
 
 
塗装しないで結露ポイントに貼るだけで結露防止、簡易型シスタ・ノン結露テープ、シスタ・ノン結露シートが開発されました。

@貼付対象物との接着面は、空気が入らないようにしっかりと上手く貼付して下さい。
  気泡部分などができるとその部分に結露が溜る可能性がありますので十分に注意して下さい。
A剥離の原因になりますので、貼付対象物の表面が十分に乾燥してから貼付施工して下さい。
 


Copyright from 2002 Ecology Communications Co., Ltd. All Rights Reserved.